カナリア3_edited.png

カナリアは空気の番人。見えない空気の変化や汚染を感じて知らせます。

そのカナリアたちが、全国各地で点々と声をあげています。

空気が汚染されて健康被害が広がっている現状に対し、スイミーのように立ち向かいたい。

一人一人の力は弱くとも、つながることによって得られる力は必ずあります。

​​一緒に、カナリア・ネットワーク全国という大きなカナリアになってください。

カナリア5_edited.png
​世話人
斎藤先生画像.jpg

共同代表 斉藤吉広(さいとうよしひろ)

 

社会学者。2015年稚内北星学園大学学長に就任。2021年学長最終講義として行った『公害としての「香害」』の中で、自身の柔軟剤などによる被害も訴えて、被害者からの大きな反響を呼んだ。

身体を壊され、生活権を奪われる人は増え続けて

 「国内13人のうち1人が香害被害に遭っている」という推計が正しければ、かつてない規模の公害であるということができると思います。しかしそれが全国的な広がりを持っているからこそ、かたまりとしては見えにくいままです。

 しかも重篤な症状を抱えている人ほど、表に出られなくて公に事実を訴えることが難しいという状況もあります。さらに合成洗剤や柔軟剤の使用という「常識」や「日常」に対して抗議や疑問を投げかけることは社会的・心理的ハードルがとても高いものです。

 しかし身体を壊され、生活権を奪われる人は増え続けており、今の状況はいち早く打開されなければならないと強く思います。

 私たちはそのためにまず全国的な「かたまり」としてつながり合い、情報を共有する場をつくります。そして、特に研究者のみなさんなど発言力のある方たちの力を借りて、私たちの存在と訴えを広く国民に訴え、「常識」や「日常」への反省を促したいと考えています。どうぞ、力をお貸しください。

青山さん画像.png

共同代表 青山和子あおやまかずこ)

 

2000年にシックハウス症候群から化学物質過敏症を発症。2016年に「CS憩いの仲間」を発足。月1回定期的に開催。

全国に点在する被害者・発症者を繋ぎ面の力に 

 化学物質過敏症発症者による暮らしの工夫を話し合う日々で感じることは、2015年辺りから発症者が低年齢化、かつ増加のスピードが速くなっている事実です。そこでは、母胎内からの化学物質汚染が進んでいるかと危惧しております。

 化学物質過敏症は発症してしまうと完治するのが困難なので、発症人口が減るのは期待しにくい疾病です。さらに治療のための外出もままならない場合も多く、家族や学校、職場にも病態を理解してもらうのが困難なので、孤独に陥り、実態が見えにくくなっています。

 【カナリア・ネットワーク全国】によって、全国に点在している被害者・発症者を繋いで、その声が面になることで、市井の研究者、医学者の皆さまにその現実を周知していただくようお力添え賜ればまことに幸いです。一日も早く次世代の子ども達に安全な社会生活が保障されますようにと願っております。その道筋にこのネットワークをお導きくださる原動力になっていただけますようお願いいたします。

​事務局担当
【カナリア・ネットワーク全国】は、世話人共同代表のほか複数名の香害被害者によって運営しています。
※世話人は、今後増える可能性があります。